スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ホラーへ

--.--.-- | | スポンサー広告 | TOPへ

788 :木  ◆oJUBn2VTGE
2009/09/04(金) 22:16:46 ID:4o0HgrnU0


大学二回生の春だった。
近くを通ったので、オカルト道の師匠の家にふらりと立ち寄った。
アパートのドアをノックしてから開けると、部屋の中では師匠が畳の上にあぐらをかいてなにかをしきりに眺めている。
近づいていくと、後ろ向きのままの師匠と目が合った。
「よお」
卓上にしては大きく、姿身にしては小さい中途半端な大きさの鏡だった。
軽く嫌な予感がする。
「鏡ですか」
と言わずもがなのことを訊くと、「うん」と頷いたきり鏡の中の視線を外して正面をまじまじと見つめている。
俺はその横に座ってそんな師匠をじっと観察する。
なにをしているのだろう。
まず普通に考えると、オカルティックないわくつきの鏡を入手したのでご満悦の図。
次点で、ただ自分の顔を見ている。
どっちかだろう。
鏡は縦に長い楕円形をしていて、陶器のように見える台座の中央から支柱が伸び、リング状の枠につながっている。鏡は枠の左右から出た棒で支えられており、上下にくるくる回る仕組みになっているようだ。
古そうにも見えるが、そんなにおどろおどろしい印象は受けなかった。
「なにしてるんです」
鏡を見つめ続ける師匠にしびれを切らした俺が問いかけると、ようやく前のめりの重心を戻した。
「考えごとをしていた」
そう言って息を吐く。まるで呼吸することようやくを思い出したという体で。
「鏡について?」
そう訊くと、「ふ」と笑い、ゆっくりとこちらに向き直る。
「こんな話がある」
片手で鏡をくるりと裏返しながら。
「だれもいない森の奥で、木が倒れた。さて、そのとき音はしたのか、しなかったのか」


789 :先生  後編  ◆oJUBn2VTGE
2009/09/04(金) 22:22:08 ID:4o0HgrnU0


あ。
聞いたことがある。
だれもいない森の奥で木が倒れたのなら、その音を聞いた人もいなかったということだ。
観察者である人間を介さずに、音が存在しうるかという問題。
「それ、なんかよく分かんないんですよね。音がしたに決まってるんじゃないですか。だって本来、観察者がいないんだから木が倒れたっていう部分からして疑ってかかるべきなのに、そこを前提にされてるんなら、音だってしたでしょうよ」
「それでも月はそこにある、って言ったのはアインシュタインだったかな。……まあいい。この命題は『音』を振動そのものとしてとらえるか、振動が生物の聴覚器官に知覚されたものととらえるかによって考え方が違ってくるけど、
音はした、っていうのがほとんどの人の回答だろう」
師匠はそこまで言うとまた鏡に手を伸ばして人さし指で裏面を押し、回転させた。
「では、次の問題はどうだ」
鏡面がこちらに向いた状態でぴたりと止める。
「だれもいない森の奥で木が倒れた。その木の前には鏡が置かれていた。その鏡に、倒れる瞬間は映っているかどうか」
これは初めて聞いた。
とりあえずイメージしてみる。
森の奥。朽ちかけた木。木の前の鏡。鏡には左右逆の姿になった木が映っている。
木が倒れる。鏡の中の木も倒れる。
倒れた木。
だれもいない森の奥で。
分かった。
「どう考えても映ってます。音と同じですよ。人が見てなかろうが、映っていると考えるのが自然です」
それを聞いた師匠がニヤリと笑う。
そしてどこからかキリンの人形を出してきて、鏡の前に置いた。見たことがある。最近出回ってる食玩かなにかだ。
鏡を指さして言う。
「どうだ。なにが映ってる」
鏡の前に、キリンがこちらにお尻を向けて立っている。そして鏡の中ではキリンがこちらに顔を向けて立っている。


790 :木 (789も木です。すみません ◆oJUBn2VTGE
2009/09/04(金) 22:23:37 ID:4o0HgrnU0


「キリンです」
「そうだね」
師匠はキリンをつついて転ばせた。
鏡の中のキリンも倒れる。
なにがしたいんだろう。
師匠がイタズラを隠しているような表情で俺の肩を叩き、ちょっとずれろ、というジェスチャーをするので、腰を浮かして座っている場所を変えた。
鏡の正面から五十センチくらい右に移動したことになる。
「どうだ、なにが映ってる」
鏡に向かうと、斜めから見ることになるので当然映っている景色が変わっている。
「ゾウです」
いつのまに置いたのか、左手の方にゾウの人形が立っていてそれが鏡の中に映っている。
「じゃあもっとこっち」
師匠はさらに俺の座る位置を右にスライドさせた。
「なにが映ってる」
今度はかなり鏡面の角度がきつくなり、見にくくなっているが、ワニが映っているのが分かる。
「ワニです」
そう答えた瞬間、なんだか不思議な空間に迷い込んだような錯覚があった。
あれ?
どうしてワニが映っていていいんだろう。
左手側を見ると、確かに鏡に映っているあたりにワニの人形が置かれている。なのに、奇妙な違和感が身体の内側から湧き出してきた。
ポン、と肩に手が置かれてビクリとする。部屋の隅まで移動するようにという指示がある。
言われるまま、壁際に座った俺は胸がドキドキしている理由を考えまいとしていた。
師匠の声が昏いトーンを帯びる。
「さあ、なにが映ってる」
鏡の角度がなくなり、今自分はほとんど真横と言っていい位置にいる。
鏡面は平面というより線分に近づき、暗い金属色だけが見てとれる。ワニもゾウも、もちろんキリンも映っているない。


794 :木 ラスト ◆oJUBn2VTGE
2009/09/04(金) 22:35:30 ID:4o0HgrnU0


「さあ部屋を出ようか」
師匠は言葉だけで誘う。
目を開けたまま幽体離脱したように俺は師匠に連れられて部屋を出る。身体は部屋に残したまま。
街の中を師匠はどんどんと歩く。俺はついていく。
立ち止まるたびに師匠は俺に訊く。
「なにが映ってる」
答えられない。アパートのドアしか見えない。
「なにが映ってる」
答えられない。アパートさえもう見えない。
「なにが映ってる」
答えられなかった。
やがて二人は森の中に入り、だれもいないその奥で、朽ちた木の前に立つ。
木の前には鏡が置かれている。木の方に向けられた鏡。
師匠は訊く。その鏡の真後ろに立って。
「なにが映っている」
鏡の背は真っ黒で、なにも見えはしない。
「さあ、なにが映っているんだ」
分からない。分からない。
俺の目は鏡の背中に釘づけられている。その向こうにひっそりと立っている朽ちかけた木も視界には入っているのに、鏡の黒い背中、その裏側に映っているものをイメージできないでいる。
分からない、分からない、分からない。
頭の中が掻き混ぜられるようで、ひどく気分が悪いような、心地良いような……
ポン、と肩を叩かれた。
「もう一度訊く」
一瞬で師匠のアパートに帰ってきた。自分が壁際に座ったままだったことを再認識する。
「だれもいない森の奥で木が倒れた。その木の前に置かれていた鏡に、倒れる瞬間は映っているかどうか」
さっきとまったく同じ問いなのに、その肌触りは奇妙に捩れている。
鏡の前にはキリンがさっきと同じ恰好で倒れている。
「分かりません」
ようやくそれだけを絞り出すと、師匠は満足したようにキリンとゾウとワニを拾い集めた。
にほんブログ村 ホラーへ

テーマ:オカルト・ホラー - ジャンル:

2009.09.05 | | コメント(41) | トラックバック(0) | 本編 | TOPへ

コメント

久々にらしい師匠シリーズを読んだ気がした。
世界観がすごく好きだな。

2009/09/06 (日) 19:27:30 | URL | 本当にあった怖い名無し #- [ 編集 ]

うーん…

2009/09/06 (日) 22:41:11 | URL | 本当にあった怖い名無し #C1fHLXVw [ 編集 ]

私の頭が悪いのでしょうか?
全く意味がわからない…

2009/09/06 (日) 23:57:45 | URL | 本当にあった怖い名無し #- [ 編集 ]

最近のはどれも微妙・・・。

2009/09/07 (月) 02:25:53 | URL | 本当にあった怖い名無し #- [ 編集 ]

えーっと…?

2009/09/07 (月) 09:40:53 | URL | 本当にあった怖い名無し #- [ 編集 ]

この話がよく分からないと言ってる人たちは想像力とか感受性が欠如してるということだけは分かる

2009/09/07 (月) 14:58:47 | URL | 本当にあった怖い名無し #- [ 編集 ]

以下、「倒れる瞬間」を「倒れる瞬間の木」として考えると。
師匠の実験により、「鏡に映っているもの」は観測者の状態に依存することがわかる。
倒れた木が映って見えない位置に観測者がいた場合、その観測者の視点では、
鏡には「木が倒れる瞬間」は映っていないと言える。
逆に、倒れた木が映って見える位置に観測者がいた場合、その観測者の視点では、
鏡には「木が倒れる瞬間」は映っていると言える。
では、誰もいない、即ち観測者が不在である場合、「木が倒れる瞬間」が
鏡に映ったかどうかを決定できるか?「わかりません」

その前の問題含め、事象と観測の問題。
観測者に依存する問題として、例えば
心霊現象を観測できない人間にとって、心霊現象は存在すると言えるか?
あるいは
ある人が「存在する」と言う「観測できない何か」について、それの存在を
肯定あるいは否定できるか?とかね。

このシリーズはちょくちょくオカルトの形を借りて、意識や認識の問題を扱うけど、
今回は直接だね。こういうのが好きな人間には面白いんだけど。

長文失礼。

2009/09/08 (火) 20:27:28 | URL | 本当にあった怖い名無し #- [ 編集 ]

これ怖楽しいな
人の思考の限界を歩いてる感じがする

2009/09/08 (火) 20:58:02 | URL | 本当にあった怖い名無し #- [ 編集 ]

面白い

2009/09/08 (火) 21:33:37 | URL | 本当にあった怖い名無し #- [ 編集 ]

わざわざ小難しく考えることか?と正直思う。
実際その目で見たりきいたりしていないことを、
断定(証明?)できないのは当たり前のこと。
だからこそ経験で憶測する。
鏡の目の前に立てば自分がうつることを知っている。
だから木の目の前にあった鏡に、間違いなく木はうつっていただろう。
木がうつらない位置から鏡を見ればうつっていないであろうこともわかる。

火に触れればやけどすると皆知っている、
火でものを熱する場面を何度もみているから。
では実際に自分が触れてみなければ、
やけどをすることは「わからない」のか?

目の見えない人にとってはこの世の全ては存在しないのか?

2009/09/09 (水) 03:14:53 | URL | 本当にあった怖い名無し #mQop/nM. [ 編集 ]

シュレーディンガーの猫思い出した。
上の長文の人が指摘してるような、これや「超能力」みたいな話は好きだな。

2009/09/10 (木) 05:03:51 | URL | 本当にあった怖い名無し #WXmK69KA [ 編集 ]

量子力学には、オカルト臭が漂う要素もあるけど、
中途半端な理解は却って混乱をきたすよ。

>目の見えない人にとってはこの世の全ては存在しないのか?

晴眼者には想像もできない世界が、そこにはあるよ。

2009/09/10 (木) 05:27:54 | URL | 本当にあった怖い名無し #- [ 編集 ]

ミクロの世界には小難しく考えなきゃならん事が多々あるんだが、
それをマクロの世界で例える事によってよりオカルトっぽくしてるわけだね。

2009/09/10 (木) 06:25:16 | URL | 本当にあった怖い名無し #WXmK69KA [ 編集 ]

見えない世界の存在の証明とか否定とかそういう話じゃないと思う。
一つの鏡ですらキリンやゾウやワニが映るし,森の鏡を見れば木が倒れる瞬間が映ったかもしれない。
同様に今見てるものだって見方を変えたら,あるいは視野を広げたら今までとは違ったものが違った風に見えるかもしれないのに私達は一方的な見方しかしようとしない。 立ち位置を変える意思が無ければ鏡に違ったものは映らないのと一緒で見方を変える意思が無ければ当然新しいもの(オカルト的なものも含めて)も見えてこない。
だからこそ「俺」は立ち位置を変えるだけで鏡にワニが映るのに違和感を覚えたし,今まで目を向けようとも思わなかった森の鏡を目の前にして急に怖くなった。そこに何が映るのか不安になって。
普段から人と違った世界も見てきた師匠だから言える,自分が見ようと思ったもの以外には目を背けてる「俺」(及び読者)への一種の戒めなんじゃないかと思った。
もっと広い,奥深い視野を持て,そしたら今までとは違った世界の姿が見えてくるよ,みたいな。

長文失礼

2009/09/10 (木) 19:41:32 | URL | 本当にあった怖い名無し #zdvXpt9s [ 編集 ]

「我思うゆえに我あり」的な哲学問答だなあ。
個人的にはもう少し作品として踏み込んでほしいかなあ。
この後、師匠が「お前が部屋に入ってきたとき、鏡を通して俺と目が合っただろう」「はい…あ」みたいな台詞があって、あの時、鏡に映った師匠の表情が真実だったのかどうか混乱してくるような流れみたいな。
目があったと思ったとき、師匠は鏡越しに「俺」を見たのかどうか。
冒頭の「後ろ向きのままの師匠と目が合った。」というせっかくの表現がもったいないような気がしました。

2009/09/10 (木) 23:38:48 | URL | 本当にあった怖い名無し #jNKWluxY [ 編集 ]

木が倒れた時、鏡の正面はどこを向いていたんだろう・・・

2009/09/11 (金) 12:30:17 | URL | 本当にあった怖い名無し #- [ 編集 ]

すくなくともある角度から見れば木が見えるように配置されていたと思うよ。
鏡の存在が観察者を前提としているから。

2009/09/11 (金) 16:09:35 | URL | 本当にあった怖い名無し #- [ 編集 ]

木の前に鏡を置いてるからといって木を映しているとは限るまい。
見方、角度を変えれば別の人形が見えた様に「見る人間」によっては「何」が見えるかわからない。

2009/09/11 (金) 22:10:38 | URL | 本当にあった怖い名無し #- [ 編集 ]

鏡に映る、っていう言葉の定義の問題かね
鏡面に光の入る範囲内にあって遮蔽物が間にないものであれば全て映るって言ってもいい気がするのう

2009/09/15 (火) 12:27:17 | URL | 本当にあった怖い名無し #- [ 編集 ]

>そこに何が映るのか不安になって。
どなたか書かれていたが、これかな、今回言いたいことは?

倒れる木の目の正面に鏡がある。
この鏡にはいったい何がうつっていると思う?

こういう問いだったら違ったかもしれないね。
「倒れる木とまわりの森に決まっている」とウニが答えたなら、

他のものは何もうつっていなかったと思うか?
となったかもしれない。

木の正面をむけておいてあった鏡に、
”その木が倒れる瞬間が”映っていたか?ときかれれば、
そこで「わかりません」というのはおかしいだろうから。


2009/09/15 (火) 19:54:52 | URL | 本当にあった怖い名無し #mQop/nM. [ 編集 ]

話が見えなくて断念しました

2009/09/16 (水) 16:01:55 | URL | 本当にあった怖い名無し #- [ 編集 ]

キリンとゾウとワニの話からわかるのは、
鏡に何が映るかは、観察者の位置によって変わるということだ。

木が倒れる瞬間に正面に鏡があるとしても、

観察者が正面に近い位置にいなければ、
鏡の中に木が倒れる瞬間は入らない。

じゃあ、観察者が鏡の真後ろにいるとき、
見えない鏡の中には何が映っているんだろう?
考えるとすげ怖い

2009/09/16 (水) 16:37:02 | URL | 本当にあった怖い名無し #- [ 編集 ]

  キ ゾウ ワニ
 /

 \
   俺(鏡にキリンいる)

普通はこうなる。場所をずらせば

  キ ゾウ ワニ
鏡<
    俺(ゾウだ)

ワニも同じ要領だね。じゃあ

鏡―俺(木がある)―木

とはなり得るかな?

じゃあ……

鏡―師匠―俺(目があった)

とは?

2009/09/17 (木) 04:17:51 | URL | 本当にあった怖い名無し #- [ 編集 ]

そもそも鏡に「映る」ということは、鏡に反射した光を観測者が受けとめて映像としてを認識するということ
鏡自体は映像を映すものではなく、ただ光を反射してるだけ
音の話もこれの布石だと思う

2009/09/17 (木) 19:58:54 | URL | 本当にあった怖い名無し #- [ 編集 ]

↑↑
あぐらと立ち姿

2009/09/22 (火) 22:57:44 | URL | 本当にあった怖い名無し #- [ 編集 ]

>量子力学には、オカルト臭が漂う要素もあるけど、
>中途半端な理解は却って混乱をきたすよ。
これは師匠?著者?に向けた言葉なんだけど…

屋上でジャンプする話程度にした方がいいと思う。
不可解さに耐えるリスクを読者に強いるのが楽しいのなら別だが。

いずれにせよ、ちゅうとはんぱな理解は、
読んでいても苦痛です。

2009/09/24 (木) 06:25:00 | URL | 本当にあった怖い名無し #- [ 編集 ]

理解の仕方なんて十人十色なのに、何で勝手に中途半端とか決めつけられないといけないんだろうか?

2009/09/24 (木) 11:09:30 | URL | 本当にあった怖い名無し #- [ 編集 ]

詭弁だよ

>だれもいない森の奥で木が倒れた。その木の前には鏡が置かれていた。その鏡に、倒れる瞬間は映っているかどうか
これなら「映っている」が唯一正しい答えだ

師匠はこの問いを
>だれもいない森の奥で木が倒れた。その木の前には鏡が置かれていた。その鏡に、倒れる瞬間が映っているのが見えたかどうか
に勝手に自分で置き換えている
この場合には「見る」主体が入るのだから、状態によって不確定になるのは何も不思議なことではない

もう少しうまく騙してほしいな

2009/09/26 (土) 00:20:55 | URL | 本当にあった怖い名無し #HfMzn2gY [ 編集 ]

なんとも言えない世界観・・・・!

2009/09/26 (土) 09:37:05 | URL | 本当にあった怖い名無し #- [ 編集 ]

鏡の正面に木を覆い隠すほどの何かがある可能性もある

2009/10/04 (日) 17:42:45 | URL | 本当にあった怖い名無し #- [ 編集 ]

ともあれまとめサイトで議論するようなことではない。

2009/10/26 (月) 12:56:53 | URL | 本当にあった怖い名無し #- [ 編集 ]

鏡の正面に木を覆い隠すほどの何かがあるんだったら
そりゃ邪魔されて木は映らないだろう。
何のオカルト要素もない。
というかウニって催眠にかかりやすすぎじゃね?
すまきのトイレの話のときも思ったけど。
それを無理やりオカルトに持ってかれてもねえ・・・

2009/11/05 (木) 20:59:08 | URL | 本当にあった怖い名無し #- [ 編集 ]

ワニのシーンの「どうして映っていていいんだろう」がネックだったかな
その後をテンポよくじっくり読んでいけば分かるんだろうけど、スムーズに想像できず考え込んじゃう人はここで想像力がストップしてしまう気がする。俺みたいな

分かると気持ち良い。同じ想像を共有している感覚がする

2009/11/24 (火) 00:14:43 | URL | 本当にあった怖い名無し #- [ 編集 ]

机の上に人形がある。そう見える。
本当にあるのか疑ってみる事はできる。でもそれは理屈であって、実感は伴わない。
それが幻でないことを俺は自分に証明できないのだけど、それでも幻ではないと感覚的に信じている。
多分、体がそう出来てるんだろう。

鏡に映して見る、見方をずらすことで「当たり前」の感覚が揺らいでいくんだろうか。
それは、見えないものを見るための鍵になるのか。

師匠って人は自分の中の当たり前を変えようと試行錯誤してたように思える。
自分という器を揺さぶって、何なら壊してやる、ぐらいの。
失踪前は発狂気味だったらしいが、もしかしてそれも自分が望んだ方向だったんじゃないか、とか。
ここじゃないどこかに行くために?

森を抜けた先には当たり前のように朽ちた集落があるのか…あるいは

2010/03/10 (水) 22:52:47 | URL | 本当にあった怖い名無し #- [ 編集 ]

>「映っている」が唯一正しい答えだ。
「映せる」が好ましい解答かな。
鏡像は観測者次第だからね。
観測点を指定しない限り、映せる事しか分からない。
聴覚より、視覚がより主観的なのを印象づけるね。

余談。完全遮光されても映らないという。
まあ、視覚確認できないけどね(苦笑)

2010/03/27 (土) 17:18:55 | URL | 本当にあった怖い名無し #- [ 編集 ]

シュレディンガーの猫思い出した

2010/04/13 (火) 06:19:14 | URL | 本当にあった怖い名無し #HfMzn2gY [ 編集 ]

光が無ければ鏡には何も映らないという考え方もある。

2010/08/17 (火) 23:49:51 | URL | 本当にあった怖い名無し #- [ 編集 ]

これとか、あと題名は忘れたけどビルの屋上で飛び降りる話とか大好きだな
師匠シリーズらしいというか、師匠らしいというか

2010/10/17 (日) 21:12:12 | URL | 本当にあった怖い名無し #- [ 編集 ]

簡単に言うと、木の前に置かれた鏡の向きや状態が定義されていないのに、「映った」とは答えられないだろ?っていうだけの話。

2010/12/01 (水) 01:05:18 | URL | 本当にあった怖い名無し #JyN/eAqk [ 編集 ]

今更な感じもするけど、コメントを残してみる。もう2012年だよ…


鏡っていうのは、観測者の位置によって反射角度が変わり、映るものが変わる。
だからこそ、「鏡に映る」っていう状態は対象と鏡と観測者っていう三点が揃わないと成立しない。

まぁ、聴覚の話にあるように、人間の知覚によりその存在は確定するのかっていうその辺が肝じゃないかな。
上手く言えないんだけど、鏡に映るものを真実とすると、受け取る側によって真実は異なるのではないか、そもそも受け取り手がいない時の真実とは何か、っていうのが問題なんだと思う。対象=真実ではないんだよね。

霊が見える(信じる)人とにとっては霊は存在するし、見えない人にとっては存在しない。
じゃあ、そもそもそれを考える主体である観測者(生者)がいない場合…例えば死後の世界は、どうなっている?っていう問いかけも込められてるように感じた。


まぁ、あれこれ暗示に掛かりやすいウニへの警告のようにもとれなくもない。


私的解釈だけど、こうやってあれこれ考えるのも面白いし、この話好きだけどなぁ。
長々とすいません。

2012/03/24 (土) 04:23:57 | URL | 本当にあった怖い名無し #pVmUmAbE [ 編集 ]

空気が無ければ音もしないし、光が無ければ何も映らない。

2013/07/01 (月) 16:34:20 | URL | #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

サイト内検索

お知らせ

【祝】師匠シリーズ10周年!

ウニさんが師匠シリーズのアンケートを募集しています。
レッツ投票!

心霊・オカルトサイト、2chまとめサイトとの相互RSS・相互リンク募集中です。

最新ツイート

QRコード

QR

スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。